どんな施術なの

脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれている施術で、薬剤を気になる部分に注射をするだけで脂肪を溶かし部分痩せをすることができます。注射で脂肪を溶かすと聞くと、体に悪い薬剤を注射するのではと思う人もいるかもしれません。

しかし、この注射の主成分はレシチンと呼ばれるアミノ酸の一種の成分です。レシチンは卵黄や大豆などにも含まれ、サプリでも販売されていて、コレステロール値を下げる効果があることでも知られています。レシチンは体にも含まれている成分で安全性も高いと考えられています。このレシチンを皮下脂肪に注射することにより脂肪が溶解し、その溶解した脂肪は血液によって体の外に排出されるとされています。

このように、安全性も高く、手軽に脂肪を減らすことができます。ただ、クリニック選びは重要になるようです。クリニックによっては、このレシチンだけでなく他の成分もブレンドして、独自の薬剤を注射するところもあります。様々な成分が配合されていることでより効果が高い印象を受けますが、レシチンの濃度が下がると脂肪の溶解効果が薄れると言われています。そのため、効果的な施術を受けるためには、レシチンの濃度が高いことを確認すると良いでしょう。